勝っている人は対処済み!投資で勝てない3つの理由

悲しい
投資をしていてもなかなか増えない・・・投資で勝てない

 

投資で勝てないスパイラルに入っているのかも・・・

 

勝っている人は必ずチェックしている、勝てない3つの理由を紹介するよ。

 

 

投資で勝てない1つ目の理由:税金

 

負けた時の損益はそのまま。

 

勝ったときは、あなたのよりも先に儲けたお金を最初に取っていく。

 

税金。

 

所得税払った後のお金で投資しているのに、まだ取るの? マジ勘弁・・・

 

譲渡益は税率20.315%(所得税15.315%、住民税5%)

 

4 税率

区 分   税 率

上場株式等に係る譲渡所得等(譲渡益)       20%(所得税15%、住民税5%)

一般株式等に係る譲渡所得等(譲渡益)       20%(所得税15%、住民税5%)

(注) 平成25年から平成49年までは、復興特別所得税として各年分の基準所得税額の2.1%を所得税と併せて申告・納付することになります。

http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1463.htm

 

日本に住んでいると逃れられることはできないけど、世界には税率がめちゃくちゃ低い国がある。

 

世界の大富豪は、間違いなくこのエリアを使っているよ。

 

オフショア金融センター

 

芝本一晴
いずれ詳しく書くね。

 

 

投資で勝てない2つ目の理由:手数料

意外にチェックしていない人が多い。

 

手数料。

 

年率数%でも馬鹿になりません。

 

マイナス金利を実施している時代。せっかく買っても年率1%手数料を取られるだけで、投資効率が落ちます。

 

代表的なものは株式売買の手数料

 

株式売買の手数料

 

ネット証券と人を介した証券では、手数料が全く違います。

 

ネットだと100円前後

証券会社に依頼すると、3000円以上

 

1万円儲けても、9900円の手取りと7000円の手取りでは大きく違う。

 

馬鹿にしているのかレベル!

 

投資は、儲けてなんぼ。戦略はあっても美学なんてない。勝たないと意味がない。

もちろん、証券会社に依頼することができるのはある程度資産がある人だが、自分できることを人に任せるのは良くない。

 

証券会社は、手数料も重要な収入なので、あの手この手で売買をさせようとする。あなたが売買を行う度に、チャリチャリ証券会社の儲けになる。

 

意識していない人は、気を付けてもらいたい。

 

手数料についてもっと詳しく知りたい人は下のブログがおすすめ。

放っておくとボッタクられる割高な証券マンの実態

まさかの現役、証券マンが書いている。(笑)

 

ここまで、税金と手数料が投資で勝てない原因であることを伝えた。手数料はコントロール可能でが、税金は日本に住んでいる日本人である限りコントロールは実質無理。

 

最後の、投資で勝てない理由は、完璧にコントロールできます。

 

最後の投資で勝てない理由は、自分自身

特に素人は、勝っている時はすぐに利確したがる。負けているときは、少しでも損失を少なくしようと持ち続けて塩漬け。

 

逆張りの戦略といえども、崩れそうな会社にお金を投入できるほど戦略を持った投資を個人でできる人を見たことがない。

 

株式であれば、買おうと思っている会社に10年以上投資するつもりで、調査を行っている人はまずいない。

 

1つの会社の分析ですら十分にできない個人投資家が、市場経済を読むことは不可能。

 

市場は合理的ではなく、時に感情で動く。リーマンショックは感情で市場が崩壊した良い例。

 

投資で勝てない理由を解説しましたが、一番の理由は自分自身。

 

感情で右往左往することなく、淡々と投資するためには、感情を拭い去って自動的に買う銘柄を決める機械的な投資がオススメ。

 

日本は人口減少にともなう市場経済の縮小で、年金はすずめの涙になる。

 

そこでオススメしたい世界に分散投資できる商品がETF。老後資金に備えれるつもりで長期投資すれば、貯金に比べて十分すぎるリターンが見込める。

ETFとは

株券、債券などの金融商品のうちのひとつです。
日本の株券を売買する証券取引市場で、ETFを売買することができます。

Exchange traded fund

ETFの正式名称は、Exchange Traded Fundといって、
「証券取引所で取引される投資信託」という意味です。

http://www.etftop.com/about.html

 

芝本一晴
ETFは、手数料もすこぶる安いよ。

 

投資で勝てない:まとめ

投資は勝たなきゃ意味がない。

税金・手数料・自分自身は、投資効率を下げる敵と言っても過言ではない。

如何に増やすか、が注目される投資であるが、投資効率を著しく下げる恐れのある投資の敵から、自分の資産を守ることも重要である。

 

投資で守りを固めながら資産を増やしていく方法が赤裸々につづら得ている本がコチラ。

 

 

私は何度も読み返して、守りを鉄壁にすることができた。

守りは最大の攻め。

個人投資家がやることは、攻めることより守ること。

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。