幸せはお金?お金じゃない?価値観の違いで紐解く至極の1冊

お金でチャレンジできない人をなくす!複数収入源で資産形成する方法を伝えている芝本一晴(シバモトカズハル @shiba1haru)です。

 

幸せになりたい
幸せになりたいからお金稼ぎまくる!!でもお金だけじゃない気もする・・・何が大切?

 

あなたにとっての幸せとは?!

好きなことをするよりも理想のライフスタイルが達成できた時?

好きなことしかやらないけど、お金はそこそこ?

社会貢献ファーストで、後からお金がついてくる?

 

「幸せになりたい!」ってすべての人が考えていると思うけど、幸せの価値観って全く違いますよね。

幸せの価値観がお金の人もいれば、お金じゃない人もいる。価値観が違えば行動や言動が全く違う。価値観が違っていることはわかっていましたが、何が違うのか、よくわからない。
が、1冊の本で解決しました。

 

幸福の資本論(著者:橘玲)という本です。

 

芝本一晴
私の幸せの状態は、家族と幸せな時間を過ごすために、お金と時間を自由にしたい。好きよりも、理想のライフスタイルを追求したい。

幸せの価値観を優先の仕方で、生き方がかなり変わってきます。

そこで、有名ブロガー&起業家の鳥井謙吾さん山本隆玄さん八木仁平さんの生き方から、価値観の違いを検証してみました。幸せはお金なのか、お金じゃないのか。

 

あなたが幸せ!と感じる価値観がわかります。

 

幸せの価値観を定義してみる

最初に、幸せの価値観を定義しておきます。ってか、著者の橘玲さんが定義してくれています。

 

私たちがお金を稼ぐ方法は、金融資本(貯金)を金融市場に投資するか、人的資本(労働力)を労働市場に投資するかの2つしかありません。このうち金融資本の活用はプライサブルでものすごくシンプルです。結果の良し悪しは収益のみによって決まり、「大損したけど有意義な投資」というのものはありません。

それに対して人的資本の投資は、お金だけでは判断できません。それは私たちが、働くことにお金以外の「やりがい」を求めているからです。これは「自己実現」として神格化され、多くの若者がこの聖杯を求めています。

―中略―

もちろん、お金と仕事だけで幸福になれるわけではありません。そこで、金融資本や人的資本と同様に、私たちは社会資本=絆を共同体に投資して、愛情や友情という富を得ていると考えてみましょう。

[橘玲の日々刻々]

 

幸せは、

お金(金融資産)

自己実現(人的資本)

人付き合い(社会資本)

 

全て無い人は、最貧困層と定義されていますので、全て重要です。

 

が、どれが最重要かは、人によって違う。これが価値観です。

 

好きなことをするよりも理想のライフスタイル達成が幸せの価値観

この価値観の人、多いと思うんですよね。

幸せになりたい
理想の生活とはいかなくても、少なくとも不安のない安定した生活を送りたい。

 

大企業入って、結婚して、子供作って、マイホーム買って、年金暮らしみたいなのが、昔のサクセスストーリー。

今は、倒産、リストラ、減給で、もはや安定とは程遠い働き方になってしまいました・・・

 

で、現代の安定を追求した生き方をしている人が、山本隆玄さんです。

 

高労働収入のフリーランスエンジニア+不労所得のブログ+投資による資産形成

 

「どうやったら理想のライフスタイルがリスク少なく達成できるか。」

を超合理的に追求して家族と幸せに暮らしています。

 

強めのオピニオンで、サラリーマンをぶった切ってますが、まぁ言われた方は言い返せないっすね・・・(笑)

 


そもそも、サラリーマンなんて長い歴史の中で100年もないでしょうし、安定の形が変わっただけ。

 

ちなみに、私はこのタイプ。

 

 

好きなことしかやらない幸せの価値観

会ったことないし、直接話したことないんですが、衝撃的だった人が八木仁平さん

 

八木仁平

ミニストップのバイトを2ヶ月でクビになったので、好きなことしかやらない!

 

ブログだけで月収100万円以上は稼いでいるし、ボードゲーム主催したり、デザイン教室主催したり、生産者になるのがメチャクチャうまいです。

 

衝撃だったことは、八木仁平が死ぬまでにやりたい100のこと、死んでもやりたくない100のことで書かれていた。

やりたくないこと100のトップ

 

結婚

 

えっ??そこ削る?!

 

結婚している身からすると、良いものだと思うけど、実際色々なものを背負うことになるので、好きなこと以外も結構やらないといけません。

 

私も、結婚したらいきなり借金生活になった経験があります・・・(笑)

 

確かに、好きなことしかやらない価値観を追求すれば、結婚も排除されてしかるべし!って妙に納得してしまいました。

 

共感する人が多いのもうなづけます。しかし、結婚まで排除するとは恐れ入りました・・・

 

徹底して好きなことで生きていくことを追求したい人は、八木仁平さんをお手本にすると良いと思いいます。

 

 

人に貢献して幸せになる価値観

鳥井謙吾さんは、ITスタートアップして、オンラインサロンの運営してるにも関わらず、家事もこなすスーパーマン。

 

いつ寝てるんだ?みたいな生活をしています。

 

会社作ってしまったら、理想のライフスタイルを達成できるほど自由じゃないし、好きなことだけやってるわけにもいきません。

鳥井謙吾

色々やりすぎて限界を5回転超えた後に4回くらい輪廻転生した感じで毎日死にそう

 

想像つきません(笑)

 

鳥井さんの価値観で重要視されているのは、「人」

人を尊重し、尊敬し、繋がりをとても大切にしています。

鳥井謙吾

誰にでも平等にチャンスは与えられるべきで、チャンスすら与えられない世の中はおかしい。

万人にチャンスが与えられるインフラを作りたい。

 

運営されている「トリイくんのマーケティング実践大学」でも、「チャレンジする人を1人にしない。」というポリシーなんで、「人」が好きな人が多く集まっています。

社会資本を大切にする人は、ビジョンが明確ですね。

金融資産と人的資本を優先する人は、その人自身のファンが集まってきますが、社会資本を優先する人は、ビジョンに共感した人が集まってきます。

お金(金融資産)と自己実現(人的資本)を優先している人は、個人プレイの人が多いですが、人付き合い(社会資本)を優先している人は、チームプレイで動くイメージ。

 

まとめ

幸福の資本論を読んで、今まで理解できなかった、それぞれの幸福の価値観をわかるようになりました。

山本隆玄さん・八木仁平さん・鳥井謙吾さんの幸せの軸は、それぞれ違うと思いますが、1つだけでいいというわけではありません。他のスキルもとても高い。

しかし、属性にあったものが、突出して高い。というイメージです。

 

私は、自分がどの属性なのかを理解することもでき、行動に迷いがなくなりました。

 

自分と違う幸せの価値観を持っている人も、体系的に人生を生き抜く戦略を理解できたので、大いに尊重することができるようになりました。

 

自分がどうありたいのか、何が幸せなのか、わからない。今の現状に不満はないが、何となく将来が不安。という時期が長く続いたので、もっと早く読みたかったです。

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。