鳥井謙吾さんの新メディア「トリイくんの地獄の一本道テレビ」で、ある日突然訴えられた話をしてきました。

ある日突然、裁判所から手紙がきました。「あなたは訴えられてます!」と・・・

 

ことの発端は、誰もがする契約書へのサイン

 

契約書は、ちゃんと見ないと地獄への切符かもしれません。

 

そんな地獄を、鳥井謙吾さんの「トリイくんの地獄の一本道」の第一回ゲストとして語り尽くしています。

人生で訴えれることなんてあるの?

ある日、裁判所から一通の手紙が来ていました。

芝本
なにこれ?
あ~訴えられてん
芝本
えっ???なんで????
ん~お母さんが訴えられたんやけど、賃貸契約の時の連帯保証人になってたからついでに私も訴えられたパターン!
芝本
は??賃貸の連帯保証人くらい普通なるやん。なんで、訴えられることになったん?ってかなんで冷静やねん!
なんか、大家と不動産業者から、家が必要以上に汚れたから修繕費追加で払え!!って脅されてお母さんサインしてしまったらしい。まーしゃーないやん。
芝本
えーーー!元から修繕箇所いっぱいある古い家やったやん。ってか、しゃーないって、、どんだけ心強いねん!

訴えられたことも衝撃でしたが、妻の心の強さにもビビりました(笑)
パニックになっていたのは私だけ・・・

契約書・念書のサインの威力

契約書とか念書のサインって法的拘束力半端じゃないんです。

例え、脅されてサインしても、よっぽどでないと覆らないようです。

サインって怖いです。思った以上に。一度サインしたら思った以上の効力を発揮してしまいます。

 

業者は、手慣れたもんで、小額訴訟で、裁判が長引かないように、取れるだけ取ってくる作戦で訴えてきていました。

1回の期日で審理を終えて判決をすることを原則とする,特別な訴訟手続です。

60万円以下の金銭の支払を求める場合に限り,利用することができます。

原告の言い分が認められる場合でも,分割払,支払猶予,遅延損害金免除の判決がされることがあります。

訴訟の途中で話合いにより解決することもできます(これを「和解」といいます。)。

判決書又は和解の内容が記載された和解調書に基づき,強制執行を申し立てることができます(少額訴訟の判決や和解調書等については,判決等をした簡易裁判所においても金銭債権(給料,預金等)に対する強制執行(少額訴訟債権執行)を申し立てることができます。)。

少額訴訟判決に対する不服申立ては,異議の申立てに限られます(控訴はできません。)。

 民事訴訟のうち,60万円以下の金銭の支払を求める訴えについて,原則として1回の審理で紛争解決を図る手続です。即時解決を目指すため,証拠書類や証人は,審理の日にその場ですぐに調べることができるものに限られます。法廷では,基本的には,裁判官と共に丸いテーブル(ラウンドテーブル)に着席する形式で,審理が進められます

http://www.courts.go.jp/saiban/syurui_minzi/minzi_04_02_02/

 

悪徳業者は、あの手この手で資産を狙ってくる!

一日で終わる裁判でした、サクっと30万円くらいやられました。

今回の気づきは、「一旦サインしとく。」ということはありえない。

また、悪徳業者は守りの弱いところ(今回の場合は、お義母さん)を通じて、我々の資産を狙ってくることがわかりました。

 

守りを鉄壁にするためには、例え親族であっても、お金を完全に分離しておく必要がありました。

30万円をお義母さんのために支払いましたが、結局は悪徳業者に渡ってしまっています。

お義母さんが直接使えるお金なら意味があるのですが・・・

 

お金持ちの人は、人を援助するとき、援助した人が使えるようなお金しか渡さないことを聞きました。

例えば、事業で失敗しそうな人に200万円のお金を貸して欲しいと言われた場合。

絶対に渡さない。なぜならそのお金はその人自身に渡るわけではないから。

自己破産して、再生するための200万円なら喜んで渡すとのこと。

 

後ろ向きなお金の使い方ではなく、お金は前向きに使いたいですね。

 

鳥井謙吾さんの「トリイくんの地獄の一本道」サインに一旦はない地獄です。

生々しい話をどうぞ!

 

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。