副業から独立した女性が最も大切にしている起業で成功するための秘訣

女性が副業するときって、「もう少しお金あったらいいのにな~。」で始める人が多いと思います。

今回も、そんな副業したい女性のための記事を書くために、副業から去年独立された中里桃子さんと対談するつもりでした。

が!!

会社員の給料をはるかに超える収入を、副業で得て独立した女性ならではの、起業で成功するための絶対的な秘訣を、聞くことができちゃいました。

この秘訣持ってたら食いっぱぐれることない!

30代サラリーマンの年収を聞いて愕然として副業開始

芝本
今日は女性で、副業から始めて去年独立された、中里桃子さんを、お迎えして、女性、副業に関するお話を伺いたいと思います。よろしくお願いします。
中里さん
よろしくお願いします!
芝本
始めに少し自己紹介お願いしてもいいですか?
中里さん
2005年に広告会社に営業として就職して、会社を転々としながら2011年から副業を始めて、2016年に法人化して独立をしました。
芝本
ありがとうございます。副業しようと思ったきっかけを教えてください。
中里さん
元々、独立志向があったので、会社員をしながら色々と試そうとしたのがキッカケです。あと、あまり考えずに就職したんですが、20代で年収1000万を目指していたのに到底たどり着かないと気付いたからです。笑
芝本
収入面!なるほど、収入多いに越したことはないですね。
中里さん
30歳近い人の年収が500万弱だったのを聞いて絶望しました。(笑)
芝本
日本の平均年収が400万円くらいで、ぶっちゃけギりきり生活できるレベル。東京なら家族を養うのはきびしいですもんね。

 

副業NGという理由で副業すること諦めたら会社の奴隷やで

芝本
一番最初はどんな副業から始められたんですか?
中里さん
最初は、これもちょっと異質なんですが、地主のお爺ちゃんに出資してもらってマッサージ屋さんのリアル店舗の雇われ店長みたいなことから始めました。
芝本
これは、異質ですね!笑 ちなみに会社は副業オッケーだったんですか?
中里さん
副業は当然NGでした(`・ω・´)
芝本
ですよねー!その辺はどうやって対処してたんですか?
中里さん
ひたすら黙ってました。営業職だったので、外出OKでしたし、電話も2台持ちで仕事していました。
芝本
最初はそれしかないですよね。僕も2台もちです。笑 ちなみに、最初の副業はどれくらいされたんですか?
中里さん
今思えば、1台でもよかったかもしれないですけどね。つい屋号で電話に出てしまいそうだったので。笑

最初の副業は、2011年~2013年冬くらいだったと思います。忙しくなってきて、区切りの良いタイミングで抜けました。まだお店はあるみたいです。

 

芝本
2つの会社から雇われてたイメージでいいですか?それなら、今ですとマイナンバーで副業バレしやすいかな。と思いまして。給料の支払いも、お爺様のテクニックがあったのかと思いました。
中里さん
なるほどですね。雇われていた訳ではないかな…お爺様から口約束で個人的に仕事をもらっていたので…( ´_ゝ`)テクニックはありませんね。笑
芝本
それならテクニックはありませんね。笑
中里さん
はい、お爺様の心意気と度胸?でした。笑

 

副業・起業で成功するために必要不可欠なたった1つのこと

芝本
それは羨ましい!ただ、お爺様がいない人には難しいですね。
中里さん
結局2000万くらい使ってくれたお爺様は特殊に聞こえますが、自分を信用して仕事を依頼してくれる人を見つける、というのが副業の始まりだと思います。

これが対人で副業をするパターン。

芝本
信用!個人で信用得るのは大切ですね。
中里さん
そうですね。

結局、最初は外注とかになると思うんですけど、同じ機能を持つ人は探せばいくらでも居るので、他よりも自分に頼もうと思ってくれるかどうか?しかないと思います。

副業しようとして、色々勉強する人が多いですけど、その労力を1人に集中したら、すぐ仕事貰えると思います。

芝本
外注とは業務委託(ライターや営業代行)っていう理解でいいですかね?
中里さん
ですね。

 

芝本
一人に集中する。ということをもう少し詳しく教えてください。ここは重要そうなので。
中里さん
例えば副業しようとして、大体みんな商品から作りますよね。

そして、関係の浅いひとに薄く売ろうとします。でも、買ってもらうには、スキルよりも信頼関係が大事です。

最初に買ってもらう、という副業の一歩目を踏み出すためには、この人に買ってもらおうと狙い定めた人の信用をとことん獲得するために全力を尽くしたほうが早いと思っています。

芝本
おー!メチャメチャ本質的。副業になるとみんな薄く売ろうとしますよね。
中里さん
その人の御用聞きになってでも、その人がこれ●●円でお願いできる?って言ってもらうこと。商品価値も低くて 売り手への信用も薄い商品、欲しいですか?笑
芝本
いらないっす!笑
中里さん
笑 1人の人から、仕事を頼みたいと思われるまでの信頼構築のプロセスを自分で作り出せたら、勘所が分かるようになります。そしたら知らない人にも適用できます。
芝本
まずは事業家で仲良い人にお手伝いできることありますか?と聞くことから始まる。1つの成功事例を早めに作ることが重要ですね。
中里さん
そうですね。そこは最初、持ち出しになっちゃう可能性もありますけど、そのあとリピートされなかったら何かしら不満足だって事なので、改善しないといけません。リピートしたいと思われたら、さすがに2回目以降はお金が発生します。
芝本
まさにビジネスの本質ですね。

副業解禁といっても、まだまだ実質副業できないとこが多い。

マイナンバーがあるので、複数社から雇われるのはリスクが大きい。

例えば、過労死した場合に、2社から雇われていたら、責任の所在が分からなくなる。バレたら会社辞めるか、副業辞めるか迫られる企業の方が多いでしょう。

1人の事業家として副業して、複数の収入源をもつ野が手っ取り早い。

ブロガーやアフィリエイトも事業主と同じ。なんなら、メルカリとかの転売もやっていることは事業主ですし。

ちなみに、外注をもらうとき何でもらったらいいんだー?!って最初になると思うんですが、その辺りアドバイスお願いできますか?

中里さん
そうですね。2つ目の複業も雇われていたら、結局ただ忙しいだけですから…( ´_ゝ`)

雇われていると、先に報酬が約束されてから動く、という思考が染み付いてしまうので、その固定概念を取り払うことから。

芝本
ふむふむ。確かに、さきにもらえるお金ありきですね。
中里さん
外注で何から…?!というのも同じで【出来ること】を自分で自覚してるならそれをやりましょうか?と言えば良いですし、出来ることの言語化も出来ていない状態だと、スタートラインに立ててないです( ´_ゝ`)だからそういう人は、無償でお手伝いから初めて、またお願い、って言って貰えるくらいの事を見つけてください…かなぁ

上記は主に、リアルな対面での話です。

もっとシステマチックにいくなら、クラウドワークスなどを見て、売れていそうなサービスを完コピして仕事としてうけてみるのもアリですね。ライターとか。

芝本
クラウドワークスからの完コピありですね。まずは自分の得意なこと、好きなことの回りにから探ってみる。人が困ってそうなことで手助けできることがないか考えてみる。やり方は、上手くいっている人を真似る。って感じですかね?
中里さん
そうですね。真似が一番早いです。
芝本
そうですね。まずは、先人を真似る。先に信用を得る。最後に売ってみる。この考えにならないと、副業で稼ぐことは難しいかもしれませんね。

そろそろお時間になってしまいました。本日は副業に必要な会社員とは異なる心構えについて話しました。起業には絶対的な秘訣ですね。

ありがとうございました❗

中里さん
ありがとうございました!

副業で成功した女性がやっていた起業で成功するための真理をまとめる

副業したいってなると、多くの人が、PCで楽して誰にも会わずに稼ぎたいって方向に走ってしまう。

副業やるのも独立起業してやるのも、真理は同じで、「人のために動いて、喜んでもらった結果お金を頂く。」

自営業者ならわかりやすいけど、サラリーマンしていると、毎月決まった額のお給料が入るので、「人のために動いて、喜んでもらった結果お金を頂く。」という感覚を忘れてしまう。

サラリーマンなら会社のために働き、会社に喜んでもらった結果お金を頂いていることをしっかり理解しておくべき。

既にやっていることを、他でもやるだけで簡単に収入UPすることが可能になるよ。

インタビューした中里桃子さんはこんな人

「革命家を下支えする」株式会社女子マネを運営

コミュニティ運営を得意とし、オンラインサロン運営のサポ―ト業務に注力している。

 

個人の副業で始めている人がいるオンラインサロンの丸わかり無料メールがメッチャ人気!

オンラインサロンの魅力丸わかりメール講座

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。