【実録】お金がない!騙される人と稼ぐ人の決定的な違い!

今日は、お金がない!稼ぐぜ!って人がやってしまう失敗を全部経験済みの遠島和人さんとラジオ収録をしました。

 

お金がない人が、更にお金が無くなる典型例と稼げる人になる違いを解説。

 

色々な失敗をしてくれているので、参考にしてください。

 

名誉のために言いますと、遠島和人さんの今は、副業で収入がサラリーマンの収入を超える程稼いでいます。

もう出社しなくてもいいレベル。

 

会社に行くときは、

 

遠島さん
いつ辞めても、辞めさせられても問題無いです。困らないから。

 

うらやましいですねー。

失敗しても成功できるまで続ければいいのですが、そのコツを最後に書きました。

 

お金の反省会:お金がない!騙される人と稼ぐ人の決定的な違い!

薄給のサラリーマンが投資でお金を増やそうと、不動産投資、物販系の事業投資、太陽光の投資、ランドバンキング系とか手当たり次第に投資にチャレンジ!

 

最後に挑戦したのは、FXの事業投資。

一生懸命貯めた財産をほとんど使って投資した結果、事業運営者の蒸発・・・

お金をほとんど失って気が付いた、お金を稼ぐ効率的な方法とは?!

 

お金がない人が騙されるパターン

  • 絶対儲かる
  • リスク0で、毎月●%配当
  • 今日からあなたも億万長者

このような謳い文句に心躍るお金が欲しい人は、99%お金を失って、結局貧乏から抜けられない。

絶対もないし、すぐに儲かることもない。

最もらしい、リターンを出してもリスクを把握していない。

 

ラジオの中でも語りましたが、事業投資とか、海外の投資案件とか、リターンが大きいものはメチャクチャリスク高いですからね。

年利20%儲かる可能性のあるものは、20%以上損する可能性があることを認識して投資することが必要。

 

このリスクとリターンを計算せずに、リターンばっかりに目がくらみ、自分の財産の50%以上とかを平気で投資に当ててしまう・・・

 

失敗すれば無一文。

「東南アジアでエビを養殖して、世界中に輸出します。リターンは投資額の10倍!」

「経済が日本のバブル期よりも伸びているフィリピンで不動産を運用します。フィリピンの銀座の不動産を持って、1年で投資額の2倍支払います。しかも、元本保証!」

 

なんか凄そうー。

 

でもこういうのに投資するって、近くにできるラーメン屋の店主に「ゆくゆくはフランチャイズ化して、年商5億にするから、投資してくれない?(お金貸してくれない?)」っていうのと同じ。

 

数字でリスクも把握せずに、お金を投げ込んでるのと同じ。

 

もちろん、成功することは0ではありませんよ。

 

天下一品みたいに全国有名チェーン店に育つ可能性は0ではありませんから。

 

ただ、ほとんどのケースは失敗に終わりますよね。

 

これは事業投資をやってはいけない!というものではなく、リスク把握している?

 

って話をしているんです。

 

どんなリスクがあるか、結局わからない・・・

 

おっしゃる通り!

リスクはよくわかりません!

 

個人が投資するときの目安は、投資した額がなくなっても気にならないかどうか。がポイント!

 

最近、勝率9割のプロギャンブラーの方のお話を聞きました。

 

「大勝負でも、資産の4~5%しか賭けない。負けて困るような勝負はしない!」

 

個人の投資もここがポイントですね。

負けて困る額を投資に回さない。

 

投資は、人にお金を預けて、運用してもらいます。

簡単に言うとお金を貸して、その利子をもらうんですよ。

 

貸したお金は返ってこないもんだと思え!

 

と昔からよく言われますが、本当にその通りです。

誰に貸すか。も大切ですが、なくなっても困らない額しか貸さない。ことが最も重要。

 

投資は悪?!いえいえ、若いうちに投資を始めないと老後破産のリスク

投資は悪!という意味に捕らえてしまう人も多いと思います。

それは間違い。

 

サラリーマンは定年退職すれば、みんな投資家になります。

 

労働収入なくなりますからね。

 

だから若いうちから投資経験を積むのは大切。

 

退職金で、運用始めて失敗したら、老後破産。

取り返しつかないですからね。

 

残念ながら、定年退職後の人は、労働市場での価値はメチャクチャ低い。

ビックリするような安い賃金でしか働けません。

 

だから投資を始めるなら失敗できる若いうちがいい。

 

ずっと頑張ってきたのに、寂しい老後を送るハメになるのは悲し過ぎます。

 

ただ、月3000円から投資を始めても、資産が増えないので意味がありません。

月3~5万円を継続して投資できるくらい、お金を稼げるようになってから投資を始めるのがお勧め。

 

月3~5万円を20年くらい運用すれば、年金がなくなっても困らないくらいの資産が当たり前のようにできています。

 

投資商品の買い方を間違わなければですが・・・

 

投資でお金を増やすよりも、お金がない人が稼ぐにはビジネスを始める方が速くお金持ちになれる。

遠島さんとも話していましたが、自分でビジネスを始めることがお金を増やす1番の近道。

 

出世しても、月数千円しか給料が上がらない。

正しい投資をしても、リターンが得られるのは20年後。

 

いつまでたっても豊かな生活ができません。

そこでお勧めなのが、ビジネスを始めること。

 

ビジネスを始めるなんて無理!!!

 

そんなことはありません。

 

目の前のたった1人のために、一生懸命やればビジネスというのは成り立ちます。

 

一気に稼ごうとせずに、1人1人丁寧に貢献していけば、感謝の気持ちでお金を頂けるようになります。

 

多くの人が、目の前のたった1人の人に対して頑張るのではなく、一気に稼ごうとします。

 

失敗する理由は、顧客目線ではない。

自分が儲けたい気持ちがいっぱいでビジネスをする。

だから、サービスを買ってもらえないのです。

 

個人で稼いでいるコンサルも、アフィリエイターも、同じ。

目の前のたった1人が困っていることを解決するためのサービスや記事が、多くの人の共感を生む。

結果として、月100万円とか稼げるようになるんです。

 

決して、最初から大きな額が稼げたわけではありません。

 

目の前の人に、「何か手伝えることある?私は、こんなことができるよ。」と言ってみてください。

 

嫌な顔されることはありませんから。

 

無料で手伝ってみて、経験が溜まってきたらお金をもらってやってみる。

 

更に、できることが増えたら単価を上げる。

 

よくわからない投資にお金をつぎ込むよりも、

昇給するよりも、100倍速く稼げるようになります。

 

騙される人、お金を稼ぐ人:まとめ

お金がない人が騙されるのは、リスクとリターンを把握せずに財産の4%以上を投資に回してしまうこと。

 

投資は大切ですが、毎月3~5万円を継続的に入れられるくらいの余剰キャッシュができるまで、自分でお金を稼ぐ方向にシフトしてみましょう。

まずは1人の人に貢献するところから始めてビジネスを大きくする。

ラジオの中で遠島さんも、自分でやった方が圧倒的に早い!とおっしゃっています。

 

・サラリーマンの給料

・副業でのビジネス

・老後に備えた長期投資

これだけ収入源が多角化できれば、人生が一気に自由になりますよね。

 

嫌な上司に頭を下げる必要もないし、

残業だって強きに断れる。

サラリーマンだって続ける必要がないかもしれません。

 

ビジネスをしていない人は、お金を稼ぐ第一歩として、目の前のたった1人の人に貢献するところから始めてみてください。

 

インタビューした複数収入源の持ち主はこんな人

遠島和人さん

最も効率的な人工知能カメラ転売実践者兼開発者兼アラサー副業サラリーマン

北海道生まれ北海道育ちが東京の人混みと満員電車と会社の非合理性にこれ以上は無理だとおもい、違う生き方を模索しているなか副業を始める。2016年12月に副業でありながら月収50万を達成し継続し続けている。サラリーマンのみの収益に頼らない生き方と、サラリーマンマインドとビジネスマインドの違いや、わがままに生きる方法、興味あることを発信中。

プロフィール

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。