キャッシング地獄から這い上がるために必要だった”たった1つのマインド”~伊達亮哉さんの場合~

給料に絶望したこと。サラリーマンに絶望したこと。ありませんか?
もっと遊びたい。
自由な時間が欲しい。

 

そんな欲望を叶えた伊達亮哉さんを招いて、対談してきました。

今は、収入も時間もコントロールできている伊達さん。
でも、会社員時代は違いました。。

 

2回に渡ってお送りします。

 

今回は、

  • 息をするようにお金を使い、毎週キャッシングで遊ぶ・・・
  • そこから復活するために必要だった、マインドについて。

 

 

えっ?!給料って上がらないの?~伊達亮哉さんの場合~

はい、始まりました、お金の反省会。この番組は、借金や突然訴えられるなど、数々のお金の失敗に巻き込まれた芝本一晴が、楽しくお金の失敗について話していく番組です。

今日は転売ビジネスで成功されてる、伊達さんに来ていただいてます。伊達さん、よろしくお願いします。

 

はーい、よろしくお願いします。

 

伊達さんとはですね、オンラインサロン、トリイくんのマーケティング実践大学で、知り合って仲良くさせてもらっています。

 

はい。

 

自己紹介をしていただいていいでしょうか。

 

僕は現在、岐阜に住んでます。31歳。先ほど紹介していただいたように、輸出の転売ですね。日本の商品を海外に売るっていう転売ビジネスと、転売ビジネスのコンサルですね。

 

転売ビジネスを始めたきっかけって、何がきっかけやったんですか。

 

そうですね。会社に僕は新卒で入って、その会社に7年くらい勤めてたんですけど。僕の会社って入社した時、結構成長してたっていうか、いい感じで伸びてたんですよね。で、給料とかも多くって、先輩とかはボーナスが200万とか、300万とか。

 

おお、それすごいですね。

 

当時僕は新人だったんで、そんな高いお金はもらえなかったんですけど。もらえるのわかってたんで、入社してちょっと経ってた時にめちゃくちゃお金をつかってたんですね。

 

毎月入ってきますもんね。

 

貯金とかありえないし、ウチの会社成長してるからボーナスも増えていくだろう、みたいな感じでお金つかってて。飲みに行くとか。あとは、普通にキャッシングとかしてて。

 

結構給料もらってんのに。

 

そうですね。そんなんボーナスで返したるわ、みたいな。っていう気持ちで、分割とかキャッシングとかしてたんですけど。でもそれをやってく生活が3,4年続いて。そしたら会社が、なんかあんまり業績が良くないみたいな空気が漂い始めたんですね。あれあれ、おかしいなみたいな。その会社は出来高制っていうか、売り上げに左右されてたんで。

僕が先輩たちの年齢になった時に、もらえたボーナスが40万くらいだったんですね。

 

いつの間にか財布からお金がなくってることありませんか?

当時ね、給料って手取りで22万とか、そんぐらいだと思うんですけど。それで生活してたら、なんか足りなくないすか。一人暮らししてたらなんですけど。

 

遊ぶ馬力と入ってくるお金の量だと、遊ぶ馬力の方が大きいですよね。

煩悩にまみれてる、というか。何買いたいとか、何したいとか。

 

いや、ほんとそうですね。僕が多分、一番駄目なタイプですね。いつの間にか、みたいな。

 

いつの間にかタイプ。

 

大きく、お金の失敗って色々あると思うんですけど。大きいモノをボンと買う、みたいな人とか。僕は、ほんと駄目な、いつの間にか息をするように使ってるようなタイプですね。

 

気がつかない間に財布の中空っぽになるやつですね。

 

そうです。金曜日に飲み行くっていってお金おろして、で、日曜日の朝またATMにいる。

 

土曜は飲み過ぎて死んでる、みたいなね。

 

そうそうそう。で、日曜の朝起きたら、あれなんか財布にお金全然ないって。

 

それで借り入れまでいくっていうの、すごいですよね。大体そこで、遊ぶの止めようって。一般的にはなるかと・・・

 

そうですね。怖くなかったですね。みんな借金怖いとか言うと思うんですけど。いやいや返せばいいやん、みたいなぐらいのね。

 

なるほどね。

 

だから、その全然抵抗がないっていうか。なんでみんな、逆にそんなビビッてんの、みたいな。逆に。

 

そんなチマチマしてんじゃねぇよ、みたいな。

 

そこの、謎の度胸もやっぱ良くなかったですね。

ただ飲みに行くのに、コンビニ行ってカード入れればお金が出てくる、みたいな。
やっぱ気軽にいっちゃうワケですよ。

 

いっちゃったワケですね。

 

気が付いたら金利で首が回らない・・・

消費者金融って、ほんとに元金全然減らないじゃないですか。

 

キャッシングの金利ってえぐいですもんね。

いやいやいや、金利えぐ過ぎるやろ!ってなってました。
まさか、カードのキャッシングで首が回らなくなる人に会うとは思わなかった。

 

あはは。いや、ほんとにヤバかったっすね。

 

ああいう無人店舗みたいなとこって行ったことありますか?

 

行ったことはないですね。

 

行ったことないですか?
あそこのなんか、確実にこの監視カメラで上の階で俺のこと見てるだろ、みたいな。全然無人じゃねえだろ、みたいな感じで、カードとか作ったりするんです。

 

 

なんかあったら降りて来るだろ、みたいな感じ。

 

そうです、そうです。冷たいクーラーが流れる中で、お金を借ります、みたいな感じ。
ほんと、クズ中のクズだったんです。今思うと。思いますね。

 

ちなみに言える範囲でいいんですけど、MAXでどれぐらいまでいったんですか。

 

まあでもそんな多くないですね。多分。100もいかないぐらいです。

 

ああ。でも金利で減らない、みたいな。

 

そうですね。100の借金って、サラリーマンだったら返せなくないですか、なんか。

 

結構パワー要ると思いますね。

 

結構要りますよね。

 

しかも20数万円の手取りで、そのうち生活費もあって、更に遊びたい衝動を抑えつつ返す。衝動に負けてもっかい借金する、みたいな。

 

いや、ほんとそうですね。ほんとに一番駄目なタイプですね。コツコツお金を使ってしまう。

 

そうですよね。いろんな人と、これ、お金の反省会絡みで話させてもらってて。一番悪いのは、やっぱ意識しないことだなって、最近よく思うんですよね、
使う時に意識しない、コンビニの毎日500円とか。1ヶ月やれば15000円じゃないですか。で、もし15000円でなんかしようと思ったら、吟味するじゃないですか。毎日500円だったら、さっきいったように空気のようになくなっていくというか。

それで、結局お金がないなって月末になるパターン。サラリーマンは安定しているというか、一定にお金が入ってくるので。

 

そうですね。

 

だから、どうせ入って来るやろみたいなん感じで、入ってくる前に使ってる。ある意味借金みたいなもんだと思うんですけど。特にカード払いね。
うわっ、こんなに使ってたんかって気がつく。

 

ほんとにあれって思って。で、まだ全然借り入れとかもあったんで、借り入れっていうか普通の借金ですけど。返せない。このままだとヤバくねみたいな。

 

「結婚できない・・・」で気が付いた!お金の稼ぎ方を知らなかったことに。

転売を始めた理由は、もっとお金が欲しいというよりは、ガチで借金返したい。

 

そうです。30手前で、結婚もしたいと思ってました。当時の彼女、今の奥さんに会って、結婚がしたいなと思った時に、あれ、このままじゃ結婚資金とかも全然ないなみたいな。

ほんとに計算できてなくて。それでもお金の稼ぎ方というと、知らないわけじゃないですか。例えば、バイトをしたりとか、内職したりとかね、いうレベルのお金の増やし方しか知らなかったんで。はっきり言ってバイトもしたことありますね、会社に隠れて。引っ越し屋とかでバイトしたこともあるんですけど。

 

マジすか。

 

このままじゃほんとにヤバい。そんな感じでバイト始めるんですけど、バイトっていっても1日8千円とか。知れてるじゃないですか。それでその何十万の借り入れがどうなるわけでもなくて、このままじゃヤバいなーってなった時に、インターネットで検索してみると、なんかどうやら転売が稼げるらしいみたいな。
それをするには誰かに教わるといいらしい。ノウハウとかですね。
無駄に投資意識が高かったんです。例えば、コンテンツを買うとか、誰かに教わるってことにお金払うことは躊躇しなかったんで。

 

そういうのって結構重要ですよね。

 

そうですね。そこ重要だと思います。僕がそこで、誰にもお金払わずタダで成長したいとか思ってたとしたら、多分やめれてないっていうか、稼げてないですね。

 

そうですね。もし稼げてたとしても、むっちゃ時間かかってると思います。

 

そこの投資意識っていうのは、変な意味であって良かったなって。教えてもらって、副業ながらお金を転売で徐々に稼ぐことができました。

 

まとめ

学生から社会人になると、使い得るお金が一気に増える。

 

ここが落とし穴!

 

思った以上に使えるお金は少ない・・・

使えるお金を増やすには、投資マインドが必要。

 

次回は、転売ビジネスに成功するコツを聞き出しちゃいます!

 

インタビューさせて伊達亮哉さんはこんな人

伊達さんは、物販や、好き得意を仕事にしちゃうコンサルをしています。

気になった方は、要チェック!!

伊達 亮哉 Ryoya Date

『物販ビジネスで不安のない未来を手に入れてよう!』

世の中の仕事の50%は10年以内に必要なくなる。そんな先行きが見えない社会で真の安定を手に入れるには自分で稼ぐことができる力をつけること、を信念に掲げる。副業時代の経験から時間がなくても収益が出る外注化、自動化、仕組化のノウハウが得意でコンサルティングを受けたクライアントが軒並みあらゆる自由を手にしている。

物販セルフメディアで楽しく稼ごう

好きや得意を仕事にしちゃおう

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。