副業解禁で広がるサラリーマンの可能性を、コピー1枚取れなかったShinさんと語る

 

2017年、副業解禁!

 

政府が、自分で稼いで自分で何とかやってくれ!俺らは面倒見切れないからー

 

と言っていることと相違はない・・・

 

でも、落ち込むことなかれ、副業解禁をうまく自分に取り込んで、副業で稼げるようになれば、本業でも稼げるようになる。

 

副業で稼げるようになれば、より自分らしく生きられるようになるよ。

 

という話を前回に引き続き、外資系コンサルティングファームのコンサルタントで、バリバリに副業しているShinさんと話合っていきいます。

Shinさんが稼げるようになってもサラリーマンを辞めない理由

今後サラリーマンていうのは続けながら、パラレルでいかれるような感じのイメージですか。

 

今のところは。なぜかっていうと、本業で収入があるからこそ、副業で、あんまりお金を気にせずできるっていうところもあるんです。

やっぱり本業で学ぶところがとても多いな、っていうところがあるんですね。

上司との関わりだとか、あとはお客様達もですね。

コンサルティング方面に仕事を頼む立場の方々って、社長だとか常務だとか、部長さんだとか、すごい方々が多いので。その方々とのお話の中で、自分が磨くことができるな、っていうのがあったりですとか。

あとは、将来的に副業をベースに例えば起業するとかなった際にもですね、結構サラリーマン経験って、大事なんじゃないかなって個人的には思ってまして。なぜかっていうと、日本の90%の人ってサラリーマンなんですよね。

で、10%の方々は起業したりだとか、フリーランスでやってるという状況です。それが良い悪いということではなくて。9割はつまりサラリーマンってことなんですよね。

つまり、9割の方々の考え方だとか、行動規範だとか。この空気っていうのを分かっておくと、多分自分のビジネスを立ち上げる時も、範囲が広がると思うんですよね
逆にフリーランス、起業だけでずっといってる場合だと、その目線しかないので、いわゆる一般市民がどう考えてるかってなかなか分かんなかったりするので。そこの視点は忘れたくないなあ、とは思いますね。

 

サラリーマンが自分で稼げるようになったら最強

9割サラリーマンなんですね。

サラリーマンってオワコン的な風潮あるじゃないですか。

  • 65歳定年で、そっから30年どうやって生きるの?
  • 給料もボーナスも上がらないよ?

的な。

でも、せっかく副業解禁になってるんで。どんどんトライしてもらって、リスクヘッジしてもらえると、すごい気持ちが安定するんじゃないかな、と思ってまして。

やっぱりベーシックインカムじゃないですけど、1個核になるのがサラリーマンとしてあれば。

時間は作らないといけないと思うんですけど、いろいろ多角的にできて。

サラリーマンでやってることを副業でやって、副業でやった事業設計ですとか、経営者的な考え方をサラリーマンにフィードバックすることで、より会社の考え方が分かったりするっていうことで。

少ない時間で成果上げようと思う1つに、副業したら早いんじゃないかな、って最近思ってるんですけど。

なるほどね、いいですね。

芝本さんのご意見と被るところもあると思うんですけど。僕、パラレルキャリア、副業をお勧めしたい四つの理由がありまして。
これがやっぱり一番、僕言いたいことで、かなあ、と僕最近思いますね。

複数の収入の基礎を作れるって大事かな、と思うんですけど、そればっかだとちょっとなかなか、お金稼げないからやめようってなっちゃうので。

 

Shinさんが副業をおススメする4つ目の理由

副業をおススメする1つ目の理由

お金に捉われない独自サービスを展開できる。結構僕これ大事だなあ、と思ってて。本業の収入があるからこそ、お金じゃない。まあお金が悪とは言わないんですが、お金に捉われない顧客目線のサービスを展開できるっていうのが1つ目ですよね。

副業をおススメする2つ目の理由

ビジネスの全体像を理解して本業の成果も向上させられるっていうことも、とてもこれ大きいな、て思うと。

副業をおススメする3つ目の理由

複数の収入の柱を作れる可能性がある。これは一番よくいわれる、みなさんの想像されるところですよね。

副業をおススメする4つ目の理由

副業やっていく中で、いろいろな刺激を受けて、プランニングしてってやっていくと、
あ、これ面白いな、とか、ここちょっと僕苦手だな、とか、そんな感じで自分の適性、やりたいことみたいなのがみえてくるのかな、と。

実際副業、2年ぐらいいろいろやって、うまくいかなかったことの方が多いんですけど。

うまくいかなかった中でも、起業家目線ってこういうふうになってるんだな、っていうのを僕の中では一番勉強になって。

時間の使い方も上手になりましたし。

副業解禁ていうのを機に、副業しまくって、自分の適正とか生き方とか確認してもらいたいです。

サラリーマンの人は、真面目な人が多いんで、副業駄目っていわれたらそのまま駄目なままいってしまう人の方が多いなっていうのが印象。

そういう人も、ちょっと立ち止まった時に、副業やりながらサラリーマンも全然できるんだな、というのを、Shinさんみてもっと刺激もらえたら、すごい良い世の中になるな、っていうふうに思ってるんですけど。

 

物事を考えてる時、よくやってしまいがちなのが、副業はいいのだろうかとか、サラリーマンはどうだろうかとか、フリーランスはどうだろうかとかって、考えちゃうんですけど。

冷静に考えてみると、なんとなくこれは副業、これは本業、これはフリーランス、起業って、僕らは便宜的にカテゴライズしているだけで、
本来キャリアって、人それぞれなんですよね。

だから副業やるべきだ、本業やるべきだ、ではなく、自分自身でいい配分にキャリアをデザインしていく。

副業とか本業とか、便宜的に使ってもいいかなと思うんですけれども、本来的には、僕はこれとこれとこれを、こういう時間で、こういうお金の稼ぎ方でやっていく、みたいなのを。

僕の場合ですと、
戦略コンサルタントっていう仕事と「Players」っていうコミュニティ運営、あとは「7つの仕事術」始めとした本の執筆だとか、あとはOutward Matrixブログ、あとは各種講演ていうのを組み合わせてキャリアを作ってるわけで。

そうやって、パラレルキャリアではあるんですけど、Outward Matrix書いてるの僕だけですし。

「7つの仕事術」書いたの、僕だけなんで。
そういうところで、何が答えなんだろうではなくて、
自分で自分に合ったキャリアをデザインしていくっていう心構えが大事なんじゃないかな、と僕は思ったりしますね。

 

正解ってないですよね。

 

ないですね。

 

時代に合って、自分が変革できればそれでいいかな、って思いますし。

一番大切なのは、なんか周りがどうかっていうより、自分がどうしたいかっていう形で。

それに合わせていろいろこう、キャリアを重ね、今Shinさんおっしゃったようにキャリアを重ねていくと、自分らしく生きれるのかなっていうふうに、思いました。

 

パラレルキャリアの道に進んだターニングポイントは?!

キャリアを重ねていく中で、ターニングポイントになったものとかってあるんですか。戦略コンサルタントとして、ある程度成果出せるようになって、副業にうつられたっていうことだったんですけど。

 

正直今、どこかってあんまりよく分かんないんですよね。でも毎日毎日の積み重ねとか、そんで1つ1つ改善していったところが、だんだん花開くようになっていったっていう感じですかね。

 

めちゃくちゃ忙しそうなんで。よく副業までやられてんな、っていうのが一番の印象なんですけど。

 

優秀な後輩や部下達がいるので

。彼らが、働きやすい環境を整えてあげて、なるべく手戻りがないようにお客様が何がしたいのか、ほんとにそれなのか、ほんとにお客様そうおっしゃってるけど、ほんとにそれがその会社さんにとって良いことなのか。

いわゆるクリティカル・シンキングですよね。

その後にロジック・ツリーで業務を整理して、マトリックスを使って優先順位だとかどれくらい時間かかりそうだとかそういうのを確認した後に、ちゃんとスケジュール、行程表を作って、あとは最終的なレポーティング・イメージとかも作った後に、じゃあ後みんなでよろしくね、っていって渡して、僕はちょっと微修正したりだとか、お客様とのやり取りをやったりだとかする、っていう感じなので。

忙しい時は忙しいですけど、そういう意味では最初にそれをパパッと1時間ぐらいでやってしまうことができれば意外と時間を作れんのかな、という感じですね。

 

それは、副業やり始めたから時間作れるようになったって感じになるんですか。

 

それもあると思いますね、やっぱり。どうせならなんか、もっと生産性上げたいな、と思って。で、どうすれば生産性上がるんだろう、ブログでもやっぱ書くじゃないですか。

そういうの書いていくと、やっぱり自分だけで全てやるっていうのはあんまり賢いやり方ではないな、っていうのをブログ書きながら気づいたので。
だったらもういろんな人達を育てようと。

それは僕にとってもいいことだし、会社にとってもいいことだし、お客様にとってもいいことだし、ってことでやらない理由はないな、と思っていて。
そういう意味では人材育成ってところにすごく興味があってやってますし、それも自分の経験だったりしますね。で、それをベースにまたブログを書けたりだとか、本の内容にできたりするので、まあ一石六、七鳥、八鳥ぐらいある感じですね。

 

今後、サラリーマンをどういう感じで応援していきたいな、っていう展開は考えられてますか?

 

そうですね。環境だったりだとか、その人の思考にもよるので、なんともいえないところもあるとは思うんですけれども。

人によって悩みが違うので、なるべく私が理解できる範囲の悩みは、ブログでいろいろ書き綴っていきたいな、と思ってます。

そこで読んで、あ、こうしてみようとか思っていただいた方はそれでいいですし、もっと深くいろいろやってみたい、いろいろな人と関わって自分の課題を本気で解決したい、という方は「Players」来ていただいてもいいですし。
ブログとかなかなか、僕のブログも25万PVぐらいなので、結局世の中の働いてる方のほんとに極一部の方しか読んでいただけてないというところですので。

他の媒体でもですね、どんどんやっていけたらいいな、と思います。

例えば、今やってるインタビュー企画で、みなさんのお力も借りて、みなさんのブログ記事という形で、私の意見を広めていただいてもいいかな、と思いますし。あとはいろんな取材ですとか、あとはダイヤモンドオンラインさんですとか、そういうとこでの寄稿だとか。

あとは、それこそ本の出版ですよね。そういうところをどんどん進めていって、なるべく多くの認知をしていただいて。

最終的にもっと深く話をしたりだとか、深く交流したいって方は「Players」でよろしくお願いします、という形にしようかなあ、と思ってます。

 

すごい、いいですね。若手サラリーマンをどんどん育成しないと、やっぱり日本が元気にならないと思いますし。
そろそろ時間ですね。今日はShinさんに、パラレル・キャリア、副業、仕事に対するインタビューさせてもらいました。

 

ありがとうございました。

 

ありがとうございました。

 

本日のまとめ

政府が副業を解禁したということは、

 

「老後の面倒や困ったときの面倒は、会社も政府も見れないから自己責任で何とかやってくれよ!」

 

という、社会保障放棄のメッセージ。

 

前向きにとらえるか、後ろ向きにとらえるかは自分次第。

せっかくなら、前向きにいろんな副業をしてみるのがおすすめ。

 

複数の収入源を持ちながら、自分らしく稼ぐ方法をみつけれたら最高じゃないですか?

 

インタービューの相手はこんな人

Shin

外資系コンサルティングファームのコンサルタント

ブログ:Outword Matrix

オンラインサロンコミュニティ 「Players」を運営

コピー1枚取れなかった僕の評価を1年で激変させた7つの仕事術の著者

など、数々の顔を持つパラレルキャリアの持ち主

著書も絶賛発売中です。

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。