サラリーマンで楽しく生きるためには、パラレルキャリアを強くおススメする

サラリーマンやっていて不安になることありませんか?

サラリーマンやってるやつなんて終わり!みたいに煽ってくる人も結構いますよね。

 

チュー吉
サラリーマンがオワコン・・・

的な風潮まで・・・

 

サラリーマン辛い理由

●収入上がらないし、ボーナスカット。これからお金いるのにどうする?
●AIに置き換えられたらどうしよう・・・
●上司と同僚がうざい。人間関係だるい。
●休みが欲しい
●いきなりリストラとかされたら、どうやって生きていけばいいの?

 

僕も同じような不安を抱いていました。

今の仕事は楽しい。収入もある程度満足。

だけど、やりたいことがずっとできる保障がない。

収入ももっと得たい!

 

 

好きなことで独自サービスの構築して、副業で事業回すことで、ぶっちゃけ、全部解決しました。

パラレルキャリア、マジでおススメ。

 

ちなみに、NPOとか非営利なことはしていません。

持続可能なことが好きで、稼げる見込みがないと性格的に続かないので。

あと、食べるのも困る程お金ない。
鬱になるほど、仕事や環境が悪い。

場合は、転職でも何でもして、すぐに状況を改善した方が良いです。

パラレルキャリアとか、悠長なこと言ってる場合ではない。

 

パラレルキャリアってそもそも何?

パラレルキャリアは、ピーター・ドラッカーに提唱された概念。

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。

近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。

ウィキペディア

 

要は、

サラリーマン + 好き・得意な仕事(会社に頼らず生きるための仕事)

を行うことで、収入を増やすだけでなく、好きな仕事で得たスキルを本業のサラリーマンにも生かして、

「自分の価値を高めていこうぜ」的な発想。

稼げれば何でもいい、副業とは全く発想が違う。

 

フリーランスで色んな事やっている人や、複数の会社経営している人など、

サラリーマン以外の人は、すでにパラレルキャリアの人も多い。

その方が、楽しく稼げることを知っているからなんですよね。

 

1つのことしかしてはいけない!

 

とサラリーマンは刷り込まれているだけなんです。

 

会社への依存度を下げると軽やかになる

私の場合は、サラリーマン+会社に頼らず生きるための仕事

に加えて

夫婦共働き + 長期投資

を組み合わせることによって、収入の盤石化 + やりがいのある毎日を達成している。

 

気になる方は、これらの記事もご参考に

サラリーマンでもできる手放し長期投資で、資産5000万円は楽勝

●ただいま準備中

パラレルキャリアで、本業のスキルが上がりまくったので、有給も好きに使っています。

収入源が増えて、自分で仕事作れるようになると、会社への依存度が減るんですよ。

「会社にしがみつかなれけばならない!」

精神的に追い込まれていきます。

 

定期収入のあるサラリーマンって結構強いよ。

 

サラリーマンの不安や不満は、お金・人間関係・時間に集約されます。

これが解決するなら、毎月収入の保障されているサラリーマンって最強じゃないですか?
リスクを最小限にして、自分の好きなことでお金稼いで、人生楽しめる無敵。

フリーランスとか、個人でやっている人は、収入のアップダウンは激しい。
風邪で休めない。
もちろん、福利厚生もない。

サラリーマンよりもブラックな人いっぱいいますからね。

副業解禁になって、社外活動もやりやすくなったので、ハードルも下がっています。

私の会社は、副業解禁になっていませんが(笑)

 

パラレルキャリアで得られた3つのこと。

会社に頼らなくても稼げることがわかる。

趣味や、得意なことを色々サービスにしてみました。

●ゴルフのオンラインサロン
●お金の本質についてのセミナー
●ビジネス構築コンサル

結局大きくならなかったもの。

継続的に稼げているもの。などありますが、

だいたいサービス作りだしてから、1ヶ月くらいではマネタイズできています。

最初に、自分のサービスが売れた時は、まじで感動!

う、嬉しい・・・自分で稼げた

 

会社に依存しないで、1円でも稼ぐことができるようになると、自信が付きます。

 

ゼロからサービスを作ったことで、本業にも好影響

 

ゼロからサービスを作る体験って、大きな企業に勤めれば勤めるほど、経験できないこと。

 

自分が、会社の何を担っているのかわからなくなるレベル。

 

パラレルキャリアで独自サービス構築すれば、
サービスの開発することから、売ることまで、すべて自分で経験できます。

小さくても事業全体を回した経験があるかないかは全く違います。

身に着いたスキル
  • 顧客ニーズを把握するマーケティング能力
  • 商品を売るセールス力
  • ブログ、Twitterなどで伝える能力
  • 税務や法務の知識

 

●ブログ書いているので、業務報告書に30分かかっていたのに、10分で終わった。

●マーケティングスキル上がったので、「あーだコーダ。」言っているだけの会議を抹殺できた。

●セールス力上がったので、3商品でトップセールスになり、インセンティブボーナスがっぽり。とか。

 

同僚よりも素早く社業に貢献することができるようになり、出世や昇給が普通の人より5年速くなりました。

 

人脈が広がり過ぎてヤバい

サラリーマンでは出会えなかった人脈ができまくります。

一番人生にとってプラスになっているのが人脈。

 

会社にいると同じようなキャリアを持つ人だけと、ずっと一緒にいるので、視野が必然的に狭くなります。

 

活躍しているフリーランスや会社経営者と、飲み会に行ったり情報交換すると、

 

  • 最新のテクノロジーの話が聞ける。
  • フリーランスで食べていけるようにする方法を学べる。
  • 稼げている人の頭の中を覗ける。
  • 生き方がカッコいい人に出会える。

 

サラリーマンだけしていたら、出会いない人ばっかり。

 

人は財産

と、言いますがマジでその通りです。

 

パラレルキャリアのリスクは?

リスクはないわけではないですが、

コントロールできる範囲内なので、気にしない方がいいです。

 

パラレルキャリアのリスク

●副業禁止の会社では、社内規定に引っかかる

●本業が疎かになる。

 

副業がバレることって思った以上にないです。バレる時には、稼げるようになってるパターン。

気になる人はご参考に

 

 

本業が疎かになる!って人は、時間のコントロールができていないケースがほとんど。

最初は、無理やり時間を作るので、しょうがない部分もあります。

 

ぼーっとテレビを見る時間

愚痴だらけの飲み会

意味のない社内資料作り

 

この辺削れば、結構時間ができますよ。

 

さっきも書いたように、パラレルキャリアで本業の成績も上がる可能性が高いのがメリット。

最初は苦労するかもしれませんが。

 

これくらいのリスクで、躊躇しているようであれば、やめたほうがいいです。

 

時期じゃないか、向いてないか。のどっちかです。

 

まとめ

お金・人間関係・時間に少なからず、不満や不安を持っているサラリーマンの人には、パラレルキャリアがおススメです。

具体的に書くと、

 

パラレルキャリアがおススメな人

●複数の収入源が欲しい

⇒会社に依存しない収入が欲しい

●好きなことでお金を稼ぎたい

⇒ライフワークで生きたい

●独立したい!

⇒ノーリスクで準備できる

 

パラレルキャリアをすれば、人生の選択肢がメチャクチャ増えるんですよね。

 

会社にいてもいいし、いなくてもいい。

今の仕事をしてもいいし、しなくてもいい。

 

より自分らしく生きることができます。

 

パラレルキャリアやってみたいな!と思ってくれた方は、メール講座に登録してみてください。

独自サービスの構築の仕方がわかります。

 

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。