パラレルキャリと副業の違いがコレ!リスクを取らない合わせ技

パラレルキャリアについて詳しく教えてください。

副業との違いって何ですか?

どちらも、本業の他に仕事を持つことだと思うのですが・・・

簡単に言うと、

「パラレルキャリアというのは、今ある仕事はそのままに、ライフワークを見つけて仕事にしよう。」

というコンセプトです。

でも、パラレルキャリアと副業って線引きがあいまい

「パラレルキャリアっちゃーパラレルキャリアだけど、副業といえば副業だよね。」

定義はあるもののメッチャ分かりにくい。

ピーター・ドラッカーの著書によると、歴史上はじめて人間の方が組織よりも長命になったために、人は組織のみに頼らず、それとは別に第2の人生を始める必要が生じたという。その第2の人生のひとつがパラレルキャリアである。

近年のパラレルキャリアの論調は、軸足はあくまで本業の会社におき、社外活動であっても何らかの形で本業に結びつけることを意識し、社外との関わりを作ることを指す場合が多い。この点が、本業と全く関係ない仕事を時間外に行う副業と異なる点だ。パラレルキャリアを推奨することで、企業は従業員の教育コストと時間を省いて従業員に新たなスキルを習得させることが可能になる。

ウィキペディア

ぶっちゃけ、イメージつかないですよね。会社側の意見だし。

 

フリーランスの人は、色んなことをやっている人の方が多いわけで。

みんなパラレルキャリアみたいなもの。

 

パラレルキャリアと副業の違いはコレ!

パラレルキャリアは、副業に含まれる。

 

 

副業

副業が稼げれば、好きも嫌いも、得意も不得意も関係ない!

サラリーマンの他に、深夜のコンビニで働こうが、 朝新聞配達してから、出社しようが、

稼げればなんでもいいでしょ。って感じ。

 

パラレルキャリア

パラレルキャリアは、好きなことや得意なことをして、結果稼ぐ。

仕事の内容重視。

もちろん、仕事のする限り稼ぐ目的は忘れてはいけない。

稼ぐ目的がないのであれば、趣味と変わりません。

生活の質を上げて、結果稼げて、本業にも相乗効果あればいいよね。って感じ。

 

パラレルキャリアから始めて、好きなことでサラリーマンの年収3倍以上稼いで、結果的に独立している人もいます。

 

パラレルキャリアが人気の理由

仕事に求めることが変わってきてる。

まだ日本が貧しいときは、とにかくお金。

●いい暮らしがしたい

●いい車に乗りたい

●いい食事がしたい

 

物欲がある程度、満たされた今は、人によって違う。

お金でハイスペックを目指すよりも、好きなこと好きに生きたい。

結果お金持ちになれたらいいよね。

お金よりも、好きなように生きることを優先。

生活のリスクゼロで、実践できるのがパラレルキャリア。

日本人が仕事に求めてる変化をマズローの欲求を用いると、イメージしやすい

 

マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説 |モチベーション向上の法則

マズローの欲求をメチャクチャ簡単に説明すると

 

●生理的欲求:食べる、寝るなどの欲求が満たされる

●安全欲求:生きる安全が確保されている

●社会的欲求:仲間が欲しい。

●尊厳欲求:他者から認められたい。尊敬されたい。

●自己実現欲求:自分の才能をいかして、自分らしく生きたい。

 

というそれぞれの欲求が階層に分かれている。

今までは最低でも、低次の欲求が満たされることが重要。

いわゆるライスワーク。

 

サラリーマンがライフワークになりにくい理由

サラリーマンは、自分でコントロールできないことが多い。

これが一番の弱点。

特に、日本はジョブ採用じゃない。

仕事に人を採用するのではなく、人に仕事をあてがう。

俺はライフワークしてるぜ!!

と思っていた人も

転勤や出世、配置転換で、一気に鬱になることも少なくない。

やりたいことができない・・・

だからといって、いきなりフリーランスでは、生活が心もとない。

パラレルキャリアが無敵な理由

サラリーマンは固定の収入があるのが最大の強み!仕事をしっかりしていれば、その分の給料は入る。

その上で好きなことで、起業可能。

生活の質が安定してるから、稼げなくても、再チャレンジできる。

この心のゆとりが良い。

何回失敗しても、何回方向転換しても、生活が困窮することがない。

自分を追い込まないと結果がでない!って人もいるけど、追い込むと不安で動けなくなってしまう人もいる。

パラレルキャリアという働き方を知らないと、起業は、生活のリスクを賭けてするもの。

だったが、パラレルキャリアのおかげで解決可能。

そして、好きなことで稼ぐためには、お金を稼ぐよりも信用や、信頼を稼ぐ方が重要だから、稼げない最初のうちはサラリーマンの給料でリスク分散する。というのは理にかなっている。

 

 

 

まとめ

パラレルキャリアと副業の線引きがあいまいなのは、

副業=パラレルキャリアの人もいれば、

副業≠パラレルキャリアの人もいるから。

 

  • 副業は、生活の質を上げるために稼げればなんでもいい。

 

  • パラレルキャリアは、生活の質のことを気にすることが無く、自己実現欲求を叶える合わせ技。

 

という判断基準を持つのがオススメです。

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。