【働き方改革】パラレルキャリアの事例インタビュー!実践者が語る始め方3ステップ「年功序列を打破する学校の先生編」

年功序列!

日本の古き良き文化。でも時代遅れなことは否めない。

年功序列企業で、変化についていける?

今回は、年功序列企業の真っ只中にいるのににも拘わらず、働き方改革をしている人にインタビューしてきました。

インタビューした人

私立学校の教員。もちろん顔出し、名前はNG。グレートティーチャーM(GTM)としておきます。

 

芝本
教員のパラレルキャリアの現状を語ってもらいました。

 

【働き方改革】学校の先生のパラレルキャリアってどんな感じ?

芝本
パラレルキャリアの今の状況を教えてください。
GTM
2012年頃から、本を出版したり、雑誌への寄稿、教育出版物の監修、講演やメディア出演と色々やらさせていただいています。
芝本
メチャクチャ色々やっていますね。

学校の先生って、かなり保守的なイメージがあるんですが、なぜパラレルキャリアを始めたのですか?

GTM

そうですね。本業でのキャリアを活かせるジャンルで、お話を頂いた感じです。

本業が基本的にリストラが無い業種で、年功序列の保守的業界。だからこそ,自分の力を確かめて、自己研鑽がいるな。と思いました。

将来的には、国際バカロレアを日本の教育に浸透させていけるようにしたいと思っています。

そうするには、学習指導要領を改訂できる立場の国立大学教授にならなければなりません。

国際バカロレア(IB)は当初、世界各国から人が集まる国際的な機関や外交官の子供が母国での大学進学のため、様々な国の大学入試制度に対応し、1つの国の制度や内容に偏らない世界共通の大学入学資格及び成績証明書を与えるプログラムとして開発された。その目的を、より良い平和な世界を築くために貢献する人材育成としており、その教育プログラムの特徴として「全人教育」を掲げている。

国際バカロレアの教育方針として、理想の学習者像が挙げられる。理想の学習者像には、探求する人、知識のある人、考える人、コミュニケーションが出来る人、信念を持つ人、心を開く人、思いやりのある人、挑戦する人、バランスの取れた人、振り返りができる人の10個がある。

ウェキペディア

 

芝本

お~。話が来るというのがすごい!しかも、ビジョンが明確でいいですね。

大学教授ってなるの大変そうですね。そのキャリアの一助として、パラレルキャリアをいかしているんですね。

周りの先生は、普通に教師しているだけだと思うのですが、パラレルキャリアでよかったと思うことは何ですか?

GTM

そうですね。パラレルキャリアで一番良いことは人脈が広がることです。

様々なキャリア・業種の方々と幅広く出会えているのは、パラレルキャリアのお陰だと思っています。

今後のヴィジョンのためにも重要です。

芝本

人脈が広がるのは、皆さん口を揃えて言いますね。

逆に、パラレルキャリアで失敗したことや苦労したことはありますか?

GTM
一番苦労したのは、認知してもらうためまでに、出費がかさむことです。

声かけてもらうまでに、色々な場所に顔を出したので、交通費とか宿泊代とかセミナー代とか、続くと結構きついです(笑)

芝本

自己投資!と言えども、回収できるまではキツイですよね(笑)わかります!

当時の自分に戻れるならどう効率化されますか?

GTM
顔出すセミナーや会合をスポット化・一極集中化させます。

手広く何でも受けても時間と手持ちを消費してしまうだけです。今後のキャリアや市場のニーズが思われるところに全力で投げ込みます

 

パラレルキャリアを始める時に「知っておくべきこと」を教えてください。

芝本
パラレルキャリアを始める時に「知っておくべきこと」を教えてください。
GTM

例えば、教育業界だと、講演や執筆に対しての報酬が無料または、極めて低いなどの業界のしきたりがあります。

目先の収入が欲しい人には、教育業界での活動は全く向きません。

自分はパラレルキャリアを今後のキャリアアップのためだけにやっているので、気にしていませんが、業界のルールを事前に把握するのは重要だと思います。

 

 

働き方改革でパラレルキャリアを始める人のためへの3つのステップ

芝本
パラレルキャリアをこれから始めたい人から相談されて、3つのステップでアドバイスするならどうしますか?

1.パラレルキャリアの業界状況を知る

業界によって色んなルールやしきたりがあったりするので、事前に調べるようにしています。

目的がお金なのか、キャリアなのかによっても選ぶ道が異なります。

そこに自分の興味領域を重ねるようにすることがオススメです。

 

2.調べた状況から進出する場を絞り,一極集中で注力する

時間が無いので、最大の成果を出すために、1つに絞ることが重要だと思っています。

 

3.たとえ小さな仕事でも,仕事内容に注力差を付けず,常に感謝で仕事を拾っていき,仁義・恩は忘れない

本業でもそうですが、やっぱり人が大切。

特に、本業の収入があると、パラレルキャリアの小さな収入を疎かにしてしまいそうですが、絶対ダメ!

小さな仕事程全力でやる方が良いと思いますね。

 

GTM
パラレルキャリアこそ「実るほど頭を垂れる稲穂かな」精神が重要かな。と思っています。

 

 

GTMってどんな人?

本業では,教育関連業界に勤続11年目。

20代で海外勤務を経験し、今までの職場では,最年少部長職も務めています。

パラキャリでは,単著本の出版印税に雑誌原稿執筆や監修,全国各地での教育講演にメディア出演等を行っています。

今後、パラレルキャリアの実績から、日本の教育を変えていきたいと思っています。

 

芝本
メチャクチャ保守的な教育業界でもパラレルキャリアができる。個人が動けば何でもできる時代になってきました。やったもん勝ちですね。

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。