お金持ちが知っている!「日本に貧しい人が増えている理由」と「お金持ちになるための3ステップ」

お金ない~。。。お金持ちになりたい!
芝本
ちょっと、計算してみてください。お金持ちかどうかを調べる計算式。あなたの現在地を知ることができますよ。

 

世帯年収 × 年齢 ÷ 10 < 資産

 

年収500万円で30歳なら、資産1500万円以上

年収1000万円で30歳なら、資産3000万円以上

 

 

芝本

安心してください。ほとんどの人が無理だと思います。

普通に稼いで、生活するだけでは、お金持ちの定義を満たすだけの資産形成は、到底できないんです。

今日は、普通の人でもお金持ちになるための、お金持ちになるための資産を作る3つのステップを紹介します。

 

 

お金持ちが知っている!「日本に貧しい人が増えている理由」

 

答えは簡単!

 

自分が働いて、稼いでいるから!

 

お金持ちの人がどんどんお金持ちになって、お金がない人がどんどん貧困になる本当の理由はコレ!

 

えっ?意味不明!!!

 

芝本
ですよね。わかります。ほとんどの人が意味不明だと思います。でも、証明されちゃっているんですよ。

 

先日、「トップ10%の所得の人の資産の割合が、ここ20年で、30%から50%に増えた。」というデータがでました。

貧富の差は拡大しています。

 

お金に追われて暮らすのは嫌!!

 

って人は、読み進めてみてください。

 

お金持ちが知っている「自分で働いて稼ぐことが貧乏になる理由」

r > g

この数式を知っていますか?

資本収益率(r)は経済成長率(g)を常に上回っている。

経済学者のトマ・ピケティさんが証明した数式です。

 

メチャクチャ簡単に言うと、 人間が労働で得る収入よりも、資産運用によるリターンが常に上回っている。

 

株式や不動産の、配当金や利子、賃料などの収益は、

働いて得られる賃金所得よりもいつだって多い。

働くよりも、お金がお金を生む方が効率的。

 

日本人は、貯金が大好き!貯金だけしていてもお金は増えません。

資産を作ることを積極的にする人が少ないから日本人はどんどん貧困化しています。

 

自分が働いているから、お金持ちになれない具体例

経済は、毎年5%くらいのスピードで成長しています。

1000万円持っている人が、年率5%の金融商品で運用すると、10年後には 1630万円

 

一方、所得が増えるスピードは、年率1~2%くらい。

例え、1000万円の所得を受け取っていたとしても、10年後の所得は、受け取った総額は、1220万円

 

10年で400万円

20年で1200万円

30年で2500万円

 

時間が経てば経つほど、差がどんどん開きます。

 

働くよりも資産を作った方が、お金持ちになるスピードは速い。

 

仮想通貨で、億り人とか典型ですよね。

 

 

お金持ちになるために必要な、資産形成の考え方

資産形成って、株とかビットコイン買ったり、不動産買ったりするんでしょ?! 怖くて無理ーーー
芝本

投資はお金を失うイメージを持っている人が多いですね。そんなときは、お金を自分の派遣社員だと思うといいですよ。

 

お金という社員が色んな所にで稼ぎにいって、お金を連れて帰ってくる。

 

もちろん、たくさん社員を持っている人の方が、いっぱい出稼ぎに行かせられるので、有利。

 

少なくても、しないよりは100倍いい。

 

なんたって、資産を作らないと貧乏になるってことが証明されているので。

 

少額からでも資産を作った方が良い理由

 

月1回の飲み会代(5000円)で、年率5%の複利商品を買って資産を作ると驚くべきことが起こります。

 

驚きの結果

月5000円でも、30年後には、400万円

月2万円なら、30年後に、1600万円

 

 

貯金のとき

月5000円で、30年後には180万円

月2万円なら、30年後に、720万円

 

 

まったく違いますよね。これが投資の威力です。

 

時間をかければ、これくらいの資産は簡単に作れます。

 

資産を作ることは、

 

  • やり方を知っているか知らないか
  • やるかやらないか

 

この違いだけです。

 

 

資産を作るときのよくある勘違い

芝本
金融商品を買っていると、資産を作っていると考えている人がいますが、これは間違いです。

 

時間を使えば、資産形成とは言えない。

例えば、株のデイトレードやFX、1日中画面にへばりついています。

チャートを分析しながら、買ったり売ったり。

自分の時間を使っている。

これはもはや労働。

労働による対価は、g(経済的成長率)でした。

 

資産運用によりリターンを得るわけではなく、労働による対価として報酬を得ていることになります。

大きく勝つ日もあれば、負ける日もある。ギャンブルで毎日過ごしている人。

もちろん、成功しているパチプロがいるように、勝つことは可能ですが、お金にお金を稼いでもらう資産形成にはなりません。

 

 

個人が資産を作るための3ステップ

余剰キャッシュを作る。

買った商品の値段が落ちることがありますので、

生活費を削ってまで、資産を作ることはおすすめしません。

気になって続けられないケースが多い。資産を作るには、長期間続けることが重要です。

 

余剰キャッシュ作るには?

●キャッシュフローを見直す。(節約など)

●自分自身で新たな収入源を作る。会社に頼らず稼ぐ力を身に着ける。

 

 

資産形成できる投資商品を買う。

頻繁に売買するものではなく、長期間買い続けるものが、個人で安定した資産を作るには、おすすめ。

(もちろん、下がることはありますが、ゼロやマイナスになる方法でなく、長期間やれば増えやすい方法があります。)

 

FX等は、失敗すると借金を背負うケースもある。

(借金をして、投資をするのがFX、大きく下がると大きな借金を背負うことになります。

逆に、借金をして投資をするので、大きく勝つこともできます。ハイリスクハイリターンです。)

 

ただ、赤字になるような商品で資産を作ることは、おすすめしません。

 

資産形成していることを忘れる。

資産を作っていることを忘れるくらいでちょうどいいです。

派遣したお金を毎日に心配していたら、身が持ちません。

連絡ないのは、元気な証拠。

気がついたら資産が大きくなっています。

 

まとめ

お金持ちになるには、資産を作ることが必須。

資産からの収入があれば、お金を稼ぐという行為から抜けられます。

 

必要なお金は人それぞれ、自分にあった無理のない資産形成がおすすめです。

お金だけがすべてじゃないので。

 

普通の人は、所得で少しずつ資産を作りながら、自己実現するための生き方を楽しむのがいいですね。

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。