趣味とエンジニアで合理的に稼ぐ!パラレルキャリアになる「じくあしさん」オススメ3ステップ

The following two tabs change content below.
共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。

 

仕事辞めたい。

もっと合理的に稼ぎたい。

上手に生きたい・・・

 

こんな想いがあるのであれば、エンジニアって魅力的!

エンジニアで、収入のベースを作って、趣味で稼ぐ。

という、夢みたいなことが簡単にできてしまいます。

 

インタビューした人は、元々営業。営業からでもエンジニアに簡単に転職可能な時代。

趣味とエンジニアで稼ぐコツを、じくあしさんに聞いてきました。

 

インタビューしたパラレルキャリアのエンジニアの「じくあしさん」

奈良市在住ブロガー。じくあしさん。

結婚が決まると同時に正社員を辞め、未経験アラサーからITエンジニアを目指す。

プログラマーでウクレレ講師。自称「二つのコードを操る男」。

さらに、ブロガー界1の卓球の実力を持つ。Webメディアにて、その経験をもとにした技術記事を執筆、毎回Yahoo!ニュースにも掲載されている。

 

パラレルキャリアになぜなったの?~じくあしさんの場合~

芝本
パラレルキャリアの今の状況を教えてください。
じくあしさん
まず本業に関しては、新卒から5年半勤めた正社員の仕事を昨年9月に辞めました。

今はフリーランスエンジニアを目指してIT業界で経験を積んでいます。

パラレルキャリアとしては、

  • ブログでのアフィリエイト収入(2016年10月~)
  • 15年続けていた卓球のwebメディアでのライター(2017年9月~)
  • 遊戯関連サイトのライター(2017年9月~)
  • ウクレレのオンラインレッスン及びそれに伴うYoutubeでの発信(2017年8月~)

という感じで忙しくさせてもらってます。

芝本

まさに、パラレルキャリア!エンジニアでベースを安定させて、4つの収入源とかかっこよすぎ!

なぜパラレルキャリアを始めたんですか?

 

じくあしさん

まず、本業の収入がめちゃくちゃ少なかったこと。

そして、営業職だったので日中も自由な時間があったこと。

これらが始める要因となりました。「このままゆるりとサボってたらやばい!」みたいな。

 

 

パラレルキャリアエンジニアって実際どう?

芝本

暇だけど、収入少ない。なら、色々やりたくなりますよね。

パラレルキャリアになってよかったですか?

 

じくあしさん

やはり複数の収入源があるということは精神が安定に繋がります。

転職をする際も、10日間ほど空白の期間がありました。

そこでぼーっと無駄な時間を過ごさず、本業以外の仕事に集中出来たので、意義のある時間を過ごせました。

 

芝本

素晴らしいですね。メッチャ活動的!

パラレルキャリアで失敗したこと苦労したこととかあります?

じくあしさん
失敗は特にないですね。

全部の経験が役に立ってると思います。強いて言えば、自分の行動が遅いことに苦労しました。。

「ポータルサイトを作って儲けよう」というセミナーに参加して、「よし、やるぞ!」と思って構想は色々しましたが、結局実行に移せず、

ずるずると時間だけが過ぎてしまいました。

芝本

私もあまり早くない方なのでわかります。

今、当時の戻れるならどういった行動を取りますか?

じくあしさん
やるならやると早く決断する!

やらないならやらないで他のことを見つける!

 

芝本

クリアカットですね。

それはなぜですか?その行動が重要である理由を教えてください。

 

じくあしさん
迷っている時間は最も無駄だからです。

「迷う」ではなく、「やるかやらないかを判断するための情報を集める」ということをすれば、それは積極的に行動をしていることになります。

その結果、判断するまでの時間を短縮出来るんですよね。

「儲かりそうだけど、やろっかな~。どうしよっかな~」という期間は極力減らすべきです。

 

パラレルキャリアを始める理由

芝本

ちなみに、フリーランスエンジニアで独立!とか普通に転職って方法もあると思うんです。

なぜパラレルキャリアを選択したんでしょう?

 

じくあしさん

最初は転職をする考えでしたが、自分にはスキルも何もないことに気付いたので、仕事は続けながら、ブログなどの副収入で稼ごうと考えを改めました。

とはいえ、ブログも短期的に稼げるものではないんですよね。

なので結局はその仕事は辞めて、本職の方でもガッツリと収入を上げようと考えるに至りました。

ブログは同時並行で進めていましたが、そのおかげでライターの仕事をもらえるようになった、という流れです。

 

芝本

今は全部がうまく回っている感じですね。複数やっていると順番に目が出てくるので楽しい。

パラレルキャリアを始める時に「知っておくべきこと」を教えてください。

じくあしさん
お金を稼ぐ手段なんてものはいくらでもある。ということです。
芝本
なるほど!
じくあしさん

これだけIT技術が発達した世の中なんで、ありとあらゆるところにお金を稼ぐヒントは転がってます。

たとえば僕は中学1年生から卓球を始めました。

そこそこの成績は収めましたが、別にプロになれるわけでもないので、趣味としてのんびり続けようと思っていました。

そこへ運よく「卓球webメディアで記事を書くというお仕事が舞い込んできたんです。

元々ブログで文章を書くことには慣れていたこともあり、記事はことのほか好評、当初より単価もアップしましたし、Yahoo!ニュースにも毎回掲載されるほどになりました。

これにはホント自分でもびっくりです。まさか卓球でお金を稼げるようになるなんて、中学生のときは想像だにしてませんでしたからね。

 

芝本

それは素晴らしい流れ!! 中学校時代の卓球が思わぬところで収入に変わる。趣味と実益が叶うなら最高です。

逆に、パラレルキャリアを始める時に「やっちゃダメなこと」を伝えるとしたら、何でしょう?

じくあしさん
常識を信じることですね。
芝本
常識を信じる。

もう少し詳しく教えてください。

 

じくあしさん

常識とか、ルールとかって実はないんですよね。「大学を卒業したら、会社員になって給料をもらわないといけない」とか、「どんな理不尽なことでも会社の言うことには従わないといけない」とか。

別にYoutuberになったっていいし、パチスロで生計を経ててもいいわけですよ。本人が幸せで不自由なく暮らせて、他人に迷惑をかけてなけりゃ何してもいいと思ってます。

なので、常識とか、世間体とか、「こうあるべきだ」っていう考えは全部捨てた方がいいです。

 

 

パラレルキャリアをこれから始めたい人に3ステップでアドバイス

1.自分が過去に困ったことを思い出す

趣味や仕事などで、困ったことに対して、どのように解決したのか、あるいはなぜ解決出来なかったか、を思い返してみる。

例えば、僕なら「卓球でなかなか勝てなくて困った」

2.その解決法を見出す

どうしたらその困ったことを解決出来るのか。自分なりの「答え」を見つけ出します。

僕の卓球の例では「本を読んだり、顧問に質問したりして、戦術を徹底的に考える」ことをしました。

3.それを伝える手段を考える

答えが見つかったら、それを人に「伝える」。そこで対価としてお金をもらう。

伝える手段は色々とあります。ブログやYoutubeで発信する、便利に使えるアプリを開発する、オンライン通話でマンツーマンで教える、等々。

人間誰しも生きてりゃ悩みは困難はつきものです。ぼくは欲望などを満たす「プラスの要因」よりも、困難を解決する「マイナスの要因」の方がニーズが多いと思っています。

それを見つけるのは、自分が経験したことから探すのが一番手っ取り早いでしょう。

ただ、もちろんこの限りではありません。プラス要因の方で展開してもいいわけです。 僕もウクレレという楽器に出会って、その魅力を伝える活動としてオンラインレッスンをしています。

 

パラレルキャリアの今後の展望

芝本

絵にかいたように綺麗なパラレルキャリアを邁進しているじくあしさんの今後の展望を教えてください。

  1. ITスキルを磨いて3年後にはフリーで活躍出来るエンジニアになります。
  2. 1.の過程をブログで継続的に発信していき、ブログ収入も加速させていく。
  3. 卓球メディアでは記事執筆以外にも公演や講習会等で幅を拡げていきたい。
  4. オンラインのウクレレレッスンも広めていきたい

どれかひとつだけでも生きていけるだけ稼げるようになるのが理想です。

じくあしさんのブログ

じくあしのゆーとーり

じくあしさんのyoutube

ゆーとーりじくあしの

じくあしさんの歌うますぎ!15の夜最高です!

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。