売れっ子占い師、瀧上阿珠が語る、パラレルキャリアの始め方「オススメ3ステップ」

The following two tabs change content below.
共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。

パラレルキャリアの占い師、瀧上阿珠さんにインタビューさせてもらいました!

 

パラレルキャリアと言っても侮るなかれ!

 

  • 携帯のアプリ「神言曼荼羅」のリリース
  • 体験談の書籍化
  • 企業やイベントに引っ張りだこ

 

の売れっ子な占い師!

瀧上阿珠さんが、なぜパラレルキャリアでやっているのか?

なぜ独立しないのか?

気になりませんか?

 

私はメッチャ気になります。

 

 

パラレルキャリアの先輩インタビュー 、占い師「瀧上阿珠」さんはこんな人

タロット占い師 占術研究家、オカルト研究家

岡田沙矢香(占い師名:瀧上阿珠)です。占いを13年間やっています。

名前や生年月日のみを見てその人を鑑定する占術に違和感を覚え、「運命って自分で変えられるもんじゃないの?」という考えから占術研究の道へ。

 

オカルト知識が高く評価され、取材同行を行なったり、自身体験談が書籍に掲載されたりしています。

特に、2017年11月に自身が監修したアプリ「神言曼荼羅」がリリースされました。

ブログ:http://www.uranaiblog.net/user/ajhu/ajhu/

 

売れっ子占い師の瀧上阿珠はなぜ、パラレルキャリアを選んでいるのか?

芝本

パラレルキャリアの状況を教えてください。 

 

瀧上阿珠さん

会社員のかたわら占い師をやっています。

占い歴としては13年目なのですが、最初の数年はまだまだ駆け出しで勉強中の身だったのでお金は頂いていませんでした。

そこから少しずつ相談に来られた方からお金を頂く機会が増えて、企業さんのイベントに出たり、雑誌の取材を受けたりと活動の幅が広がってきた感じです。

 

芝本
少しずつ広がってきて、今にいたるんですね。なぜパラレルキャリアから始めたんですか?

 

瀧上阿珠さん
最初の頃は占いで一旗あげる!なんて全く考えていませんでした。

私の中では占いは学問であって、それで稼げるなんて考えてもいなかったからなんです。

だから会社員を辞めるつもりなんてこれっぽっちもなかったし、まさか自分がこういう形でお仕事させて頂くことになるなんて考えてもなかったですね。

そういう感じだったので、趣味を続けていたらいつの間にか仕事になっていたので、今だに私ですら自分がパラレルキャリアだなんて思っていなかったりします。

パラレルキャリアで良かったと思うこと

 

芝本
いつの間にか稼げるようになっている!なんて、理想!うらやましい!

専門的に始めずに、結果的にパラレルキャリアとなったようですが、パラレルキャリアでよかったと思うことはなんですか?

 

瀧上阿珠さん

同年代女性からのご相談が多くなるので、仕事のことや人間関係、恋愛相談がほとんどです。

  • 会社員でいるのは、時代に沿った悩みや解決策をダイレクトに経験できること
  • 一般的な思考からかけ離れたものにならない。
  • 占術研究で立てた仮説の検証がしやすい

 

最大の利点だなと思いま。

あとは、何度か転職経験がありますが、昔勤めていた上場企業さんから「よく知った相手だから安心して頼める」ということでお仕事の依頼を頂いていたりもするので、そういうご縁もパラレルキャリアならではだなと感じますね。

 

パラレルキャリアで失敗したこと・苦労したこと

 

芝本
全力で、会社員を上手いこと使っていますね。人脈や情報を会社員で得て、占い業にいかす! 超戦略的!

逆に、パラレルキャリアで失敗したことや苦労したことありますか?

 

瀧上阿珠さん
最初の頃は、マーケティングのことなんて微塵も分かっていませんでした。

経験値の少ない私なんかがブログを書いても大した知識を提供できるわけじゃないし、もっとすごい人がいるからと言い訳して、全くやっていませんでした。

占い業界では誰もマーケティングの仕方やブランディングの方法なんて教えてくれません。

自分でもどういう勉強をすればいいのか分からなかったので、手探りな期間がかなりありましたね。

 

芝本
占い師とかマーケティングを知っている人は確かにいなさそうです・・・

今、当時の戻れるならどういった行動を取りますか?

 

瀧上阿珠さん
とにかく、占術研究結果をブログにまとめてアウトプットをします。

 

芝本
ブログ!それはなぜですか?

 

瀧上阿珠さん
ブログっていうのは、

その人自身がどういう人なのか、どういう考え方を持っているのか、どういう知識を持っているのかを知ってもらうツールになります。

現に私もブログをキチンと書くようになってから

「え!こんな内容でも喜ばれるの?」という場面に度々遭遇します。

 

あれこれ考える時間があるなら、とにかく持っている情報を記事にして、定期的に見直し、質を高めていった方が建設的。

真面目に記事を書いていると、ブログを読んで相談にきてくれる方は間違いなく多くなります。

当時の自分には、とにかくブログを書けと言いたいです。

 

独立ではなく、パラレルキャリアを続けている理由

芝本
ここまで売れっ子占い師になると、独立!というのも考えると思うんですが、パラレルキャリアを選択している理由はなんですか?

 

瀧上阿珠さん

占い師一本でやっている方で、世界が狭くなって偏った考え方をしていたり、自分が社会人をしていた頃の世間の情報で止まってしまう同業者の方を沢山見て来ました。

そういう方々は自分の考えを押し付ける傾向が強くなるように感じていて、良くないなぁと思っていたことが大きいです。

あとは、私ってリピーターがあんまりいないんですよ(笑)

そもそも占い師にめっちゃリピーターがいるって悩みを全く解決できてないってことだし、道しるべからその後のケアまでのアドバイスが出来てないってことだから、実力不足ってことになりかねない。

占いの利用を視野に入れる時って、人生で大きな選択肢が訪れて困った時くらいだと思うんですよね。そうなると毎月占いを利用したりしないじゃないですか。

だから、占いの収入だけで独立すると心が窮屈になりそうだったというのも理由の1つです。

誰も安定してないような、不幸せそうな人に占って欲しくないですもんね。

 

パラレルキャリアを始める前に知っておくべきこと

芝本
パラレルキャリアをとても上手に活用している瀧上阿珠さんですが、始める時に「知っておくべきこと」を教えてください。

 

瀧上阿珠さん
自分は何者なのか、をきちんと考えることですね。

 

芝本
自分が何者か、考える。

 

瀧上阿珠さん

まず、パラレルキャリアで求められるのは心の充実感です。

それが原動力と言っても過言ではないと私は思っています。

これが無くなった時に軸がブレるので、自分は本当にこれがやりたいのか?という迷走期に入っていきます。

なんで迷走するかというと、仕事を大きく捉えすぎてるからなんです。

仕事を細かく分けていくと様々な作業に分けられます。

 

芝本
仕事を細分化して考えるんですね。

 

瀧上阿珠さん

そうです。

この部分をやるのは好きだけど、この部分は苦手、というように大きな仕事の枠の中でも、得手不得手が分けられるはずです。

苦手なこと、不得意なことをやることで、これじゃない感が微量に蓄積されていき、結果的に軸がブレることに繋がってしまうんですね。

だから、自分の好きなこと、できること、できるけどやりたくないこと、やりたくないことは明確にしておく必要があります。

人に任せるとか、自分にかかる負担を軽くするって方向で考える必要があるということなんです。

 

 

芝本

確かに!大枠で、やりたいことではあるけど、苦手なことってありますね。

私は、話すのは得意ですが、文章にするのが苦手です。

インタビューさせてもらうことで、苦手なブログが好きになってきました!

 

瀧上阿珠さん

加えて、自分がどうありたいのかを考えることも重要になります。

目指している場所はどこなのか、何年後にどうなっていたいのか、どういう仕事がしたいのか、仕事のスタイル

(仕事にあてる時間、どれくらい休みたいのか、プライベートな時間は欲しいのか欲しくないのか等)

はどういう形がベストなのか、細かなことを具体的に考えることで、自分が今やるべきことが見えてきます。

スタイルに沿わないことはやらないというある種のラインが出来るので、迷うことがなくなるのも大きなポイントです。

経験を積んでいくうちに変わってくると思うので、微調整しながら進めるとより良いと思います。

 

パラレルキャリアを始める時に、「やっちゃダメなこと」

 

芝本
パラレルキャリアを始める時に「やっちゃダメなこと」を伝えるとしたら、何を伝えますか?

 

瀧上阿珠さん
失敗したからといって全てがダメだと思わないこと、です。

 

芝本
いいですねー。理由を教えてください。

 

瀧上阿珠さん

私は占い師をしていることがバレて会社をクビになった経験がありますが、丁度その時は占いの仕事の展開を変えなければと思いつつ先延ばしにしていた頃のことだったんです。

クビを言い渡された時にショックは受けましたが、そこで腹を括って動くぞ!と思えたんですね。

しかも転職先は、以前の会社よりも収入が高く、人間関係も良い職場というラッキーな環境で仕事をしています。

起こったことはショッキングだし、この先どうしようと不安になる内容でした。

後々考えるとあの時にクビになっていなければ私は腹を括ることはなく、その後に出会った方々とご縁を結ぶことはできなかったでしょう。

何を捉えて「失敗」とするのか、ということが重要。その経験が無ければ、あなたの未来はまた違ったものになる可能性があります。

起こる全てのことが、あなたが最終目的地に設定したことへ近づくための道すがらというだけなのです。

最後は間違いなくハッピーエンドですが、どの物語も主人公は一瞬不幸せになったりします。(ヒロインにフラれたりして)

それを知っておけば、失敗はあなたの中での「失敗」ではなくなります。

 

売れっ子占い師、瀧上阿珠が教えるパラレルキャリアの始め方3ステップ

①心身を健康にすること

もしも今から自分のやりたいことをやろうと決めたのであれば、まずは自分の体と心のメンテナンスをしましょう。

心身が健康でなければ、これから先に起こることに太刀打ちできなかったり、やるぞ!という気力が湧いてこなかったりします。

実は運気と心身の健康はイコールなので、心身が不健康な場合は運気が悪くなりやすく、トラブルに見舞われやすかったりします。

 

新しく事業展開をする上では、そういう意味でも心身の健康はかなり大切になってくるんです。

加えて、心身が健康な状態は「自分を活かす道」を見つけるアンテナが立っている状態になります。

何故かというと、心身が健康=生きる力が強いということです。

ピンチの時に活路を見いだすアンテナが立っているということに通ずるということなんですね。

もしも、何をやったらいいか分からないという人は、心が疲れていないか、体が疲れていないか、自分を労わる食事をしているのか等、自分の肉体や心に目を向けて、そういうことから取り組んでみると良いと思います。

心身が健康になれば、不思議なことですがやりたいことや自分が好きなことが分かってくるんです。

(これは私自身の体験もそうですし、クライアントさん全員がそうでした)

 

心と体は全ての器です。

健康であれば健康であるだけ、その器に入る良いものの量が増えます。

逆を返せば、そこがおざなりになっていては巡るものも巡りません。

もしも、不健康でも割と運がいいんだよという人がいれば、心身の健康は更にそれをパワフルに回してくれるという形になります。

 

②自分が何者なのかを知ること

心身が健康になったことで、自分が何者なのか、ということがおぼろげながら見えてくるはずです。

その上で、何が得意で、何が不得意なのか、やりたいこと、できること、できるけどやりたくないこと、やりたくないことは何なのかという分析をしましょう。

 

分析ができたら、その上で自分はどういう道を歩きたいのか、どういう方向に向かいたいのかを見ていくと先のことが組み立てやすくなるんです。

これはブランディングや自己表現、発信方法なんかにも関わってくるので、かなり重要な部分になります。

間違いなく「自分が何者かを知る」ということに一番時間がかかるので、きちんと時間を取った方がいいです。

ここをテキトーにしてしまうと、後々自分は何をやりたいのだろう?ということになってしまいます。

 

③やると決めたことに1万時間を投資すること

自分が何者かを知り、やりたいことや目標が見つかったら、自分が割ける時間の全てを全力でそこにぶつけましょう。

藤原和博さんの「必ず食える1%の人になる方法」という本に、「やりたいことに1万時間使えればプロになれる」という一文があります。

占い歴13年目の私としても、これは大いに共感できる部分です。

 

私の場合は「そもそも占いってなんやねん。怪しすぎるやろ」っていうところがスタートだったので、占いという枠の中でありとあらゆること

(それこそ宗教学や民俗学、自然学、神秘学、中医学なんかまで)を調べまくりました。

調べて、体系立てて考え、仮説のもと、自分で実験をし、結論が出ればクライアントさんにフィードバックするということを繰り返していくうちに、気づいたらそれだけの時間を投資しまくっていたわけです。

 

逆を返せば、インプット(それに関わる知識や情報を得ていく)もアウトプット(得た知識をブログやSNSで発信し、頭の中の整理をする)も時間を忘れて夢中になれることでなければ仕事に出来ないし、本気じゃないってことなんだと思います。

嫌なことに1万時間は絶対無理ですが、楽しいことに1万時間って結構使えるんですよね。

1万時間そこに投資すると、自分のスタイルがより明確になるし、掛け算(占い×マーケティングとか、ペット×アロマトリートメントとか)がしやすくなります。

マニアックな掛け算が出来る人ほど唯一無二の人になれますから、1万時間投資してマニアックな人になっていってください(笑)

 

瀧上阿珠の今後の展望

芝本
素晴らしいインタビューありがとうございました。最後に今後の展望を聞かせてください。

これからは占い師の育成に力を入れていきたいと思っています。

占い師の基礎的な考えを教えているところが少ないので、基礎的な知識、自分の占い師としてのスタイルを確立する方法なんかをきちんと教えていきたいです。

占い師で悩むところはファーストキャッシュを得るまでなのですが、その辺りも私の経験も踏まえて個人個人に向けてマネジメントしていけたらいいなと思っています。

その一環で、近々パワーストーンブレスレットの初心者講座を開講しようと準備を進めています。

今年は講座に力を入れていこうと思っているので、興味がある方がいらっしゃれば是非お問い合わせくださいね。

お問い合わせはコチラ

 

当たり過ぎてヤバいアプリ「神言曼荼羅」

芝本
アプリダウンロードしたけど、なんでこんなに当たるのかわかへん!これはマジです!

 

このまま会社員だけを続けることに不安はないですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

共働き夫婦会社員11年目、2児の父。3つ収入源を持つ年収8桁のパラレルキャリア。2000万円の家族の借金を妻と協力して返済した経験から、複数収入源の必要性を痛感。パラキャリブロガーとして新しいサラリーマンの生き方を相棒の「チュー吉」と発信。また、資産形成ナビゲーターとして、セミリタイアできる資産を作る方法をアドバイス。 普段は、製薬会社で営業しています。